柳さんのタイランド・Wat pho by Yanagi

皆さん〜一歩日本から出たら注意に注意を!!と柳さん。エ〜コワ〜イ!!(英語と日本語) My friend and I were planning to visit a Buddhist temple called Wat pho. In order to get there, we had to get to a port by taxi. So, we took a tuktuk. The tuktuk driver took us to a port. However, there were no tourists around. We thought that it was the wrong place. And they were asking an extortionate price. So we refused to pay. Then the tuktuk driver offered to take us to a shopping center before reaching the proper port. Because he was able to get a free gasoline ticket there. So, we compromised to his request. When we reached the shopping center, we smelled another rat, because there were about 10 men just doing nothing but playing with their smart phones. We felt there was danger, we just pretended to be shopping for 10minuets, just browsing around. A shop keeper finally came up to us and gave us a gasoline ticket. Next, we went back to the tuktuk driver. Then the next thing, he was asking to take us to a jewelry shop. The adventure continues. IMG_6343 IMG_6376 私と友人は、ワットポーを訪れる計画をしていました。そこへ到達するには、まずタクシーまた、タクタクで港へ到達しなければなりません。そこでタクタクを使い、港に到着しましたが、観光客は誰もいません。友人と私はそこが間違ったところだと思いました。そしてそこから船に乗るのにとんでもない値段を要求しているのです。(旅行雑誌に書かれてあった船賃の100倍を要求し、またそこは不気味で…船が一つ停泊しており、私たち以外は誰もいないのです。これはまずい!!) そこでそのヒドイ値段を拒否すると、そのタクタクのドライバーがショッピングの場所を10分だけ案内させてくれ〜そこで無料のガソリン券をもらえるからだ〜それから希望するその港に行きましょう〜と頼み込んできたのです。私たちは彼の要求に妥協し、そこに着くと、また別の怪しさが漂っていたのです。そのお店の場所は10名ほどの男どもが何もせずスマホをいじっているだけで、誰もいない不気味な場所なのです。私たちは危険を感じました、そこで買い物のふりをしていると店員が無料のガソリン券をくれて、もう行くように〜というのでドライバーのところに戻りその券を渡しました、ところがまたそのドライバーが、次はある宝石店を案内させてくれ…と頼み始めてきたのです!! 続く〜

コメントは受け付けていません。