多量の流木 (挿し木)植林の危険

「挿し木による植林の木」は根っこが2メートルしかないそうです。高さは20メートル以上なのですから、それは…バタバタ倒れてしまうでしょう。 しかし20メートルの「実生、種から育った自生林の森の木」は 太い根っこも地下20メートル以上もあるのですから。豪雨にも強いのだそうです。深層崩壊なんて〜ないそうです。何千年も。
bata
山大学/平野氏のサイトクリック⏩人々の目には見えない奥地。九州山脈は、 人々が知らない間に木材生産のための 挿し木の山々に変貌しています。 九州の山の80%は挿し木の山となっています。

武田邦彦氏/ 九州豪雨/多量の流木

コメントは受け付けていません。