ある日の教室 / 少女M〜たち

ここは マギとディビットのクラスです。
さて〜 英さんがdisaster( 災害)の単語を覚えたい。

災害にはアイスクリームもデザートも食べられない。

『OH! デザートの綴りはデエとエの発音だからeだね。でも災害はディと伸ばさないイだからスペルは〜 i
最後のスターも星のarでなくer 〜 発音がstarとは全く違う。ところで、英語の 災害は 幸運の星から 離れてしまった。という意味が あるそうです。

さて〜英さん美しく
We can use a solar cooker after a disaster.

とノートに書いてしまいました。

dessert  食後の最後にいただく菓子、果物
desert   砂漠
disaster 災害

no longer~?
〜 え〜こんなのまだ学校でやってませ〜ん!

no longer は、『もはや…ない。』という意味だって。

そしてadverbだからverbの近くにおいてください。Mちゃん〜お願いします。」

「う〜ん 『リミちゃんはもう赤ちゃんじゃない、し…ピュアでもない。』を訳したいな〜(天真爛漫で使いたいのですね。)。 RImi is no longer a baby, nor pure (simple). 」

「オウ〜素晴らしい!少女Mは天才だね!」 [←これはマギが英語で言ってましたが、]

「では、もっと難しくなります〜! いるかさん これを英語に訳してください。➡︎『もはや経済成長は必要ではありません、』
『〜がある、とか…ない、』とか、初めて情報を相手にお伝えするときに用いる主語を使ってね。そして no longerはadverbとして使っていいですよ。」

(英語は初めてマギの教室で四年前にスタートした。いるかさん〜 )「経済成長〜て何て言うの??」

「economic growth だよ。」とマギ

いるかさん〜ノートに「There is no longer a need for economic growth. 」

オウ!いるかさんも天才少女。すごいですね。

さて〜次は 一期さん 時雨さん とづづきます。

コメントは受け付けていません。