I think one kind of an extravagant life is ….時雨さん

さて… ここの教室では、大人の方が 多いのですが、子供さん達のクラスも、なかなかなものです。中学では、今… 私はどこそこ〜で生まれましたとか、比較級、最上級、色々な副詞を入れての会話とか、授業でやっていらっしゃるので、
さて、子供達は ショッキング…なかなか内容の 文章を 一生懸命 作ろうとします。
「私がこの世界に生まれたのは、コンクリートのビルの中で、36年間の間も働く為にでは、ないんだ。」
「何の為に この世に生まれてきたの?」
「それはもう〜贅沢な暮らしをする為に、 生まれてきた。」
「凄く贅沢〜って何て言うの?」と 時雨さん。 それはね、extravagant だよ、と直ぐに答えるマギ先生 そして
私 マギは、時雨さんと董香さんに英語でこの文を作って頂く
「そうなんだ〜 じゃあ〜 贅沢な暮らしって どんなもの?」
「 そうね〜私が考える 贅沢な暮らしの一つの種類は一級河川で魚釣りをする事。
あとね…
最も新鮮なオレンジをもぎ取って食べること。」
こんな文章も英語で書いて頂きました。今日は時雨さんのノウトです。

コメントは受け付けていません。