失望から喜びに入るには〜How to fix a broken heart

さて〜恋に破れる痛みは、経験したくないですね。このような課題について考えたくもありません。でも、その渦中の友人、また家族をどうやって助けますか? 大変な課題です。さて、恋に関係していなくても、毎日の生活で何かに絶望したり、感情が大きく傷つくことがあります。ところで、この週のレッスンでの課題は、一日を通じて感情をどのように見守るかについて 英語で考えました。感情を今にシフトして、未来日記をつけましょう。これって、楽しいですよ。

How to fix a broken heart | Guy Winch
患った心の回復方法

ベーシック インカム 又は ダーチャ/ BASIC INCOME and DACHA

 By Maggie ベーシックインカム (生活をしていくための基本のお金を政府が全ての人に支払うこと) 又は
ダーチャ (ロシアの世帯の85%が持っている、生活の基本の必要はお金や体制に頼らないで各個人が生み出せるように、都心の近くに畑と小さな家、ロシアの90%のジャガイモは各世帯で生産されている)
その当時の政府が もう〜政府を人々が食べていけない〜というような問題にいつも煩わせられないように。とても安い地価で国有の土地を人々が購入できるようにしたそうですが、これは素晴らしいアイデアと思います。ロシアはソ連共産主義の体制から資本主義の体制に代わる時大多数のダーチャを所有していた人々は、食には困らなかったと、ロシアからのホームステイの方に聞いたことがあります、でも都市で年金だけや給料だけの仕事の人、アレクサンドリアのお母様は医師でしたが、4つの仕事をしなくては食べていけなかったと言っていました。ダーチャを持っていたら、家賃もかからず、卵も、芋も、野菜も、果樹つも 共同の牧場からのミルクや肉があったそうです。でも医師でしたからダーチャまでは持たなかったそうです。
 さて、
人々の精神的にもまた地球の生態系にも、良い生き方を組み合わせるのが一番と思います。ダーチャ的な生活は何万年も人々の生活の基本で、地球を破壊することもありませんでした、しかしわずか歴史の二百年の間にすでに生態系の70%が破壊されてしまったことも考慮しなければいけません。 With IT,AI and robots taking over people’s jobs we may have more time to live simpler lives. Modern hi-technology shold be a blessing for everyone. It can relieve people from leisure time. …
 And…
 心が正しければ、個人の生活は豊かになるでしょう。When the heart is set right, then the personal life is wholesome. 個々の生活が豊かなら、各家族の生活が整われるでしょう。When the family life is wholesome, then the family is regulated….. ~ と個々の国が豊かになると、続いていきます。
中国の思想家、孔子の教えにあるそうです。
 カナダでは2016年 ある地域でベーシックインカムが試みられ、良い結果を出しているそうですが。(続く〜)
For and against “Basic Income”

for better and for worse これで良かったのか?

 大量生産〜産業革命は良いものと教育されてますよね。楽しい単純作業と、ひどく苦痛となる単純作業がありますでしょ。たくさん良いものを持っても〜最高のための時間がなくなっていくとか〜。
How inventions change history (for better and for worse) – Kenneth C. Davis

「楽しいことの」法則はこれ!& 中学生のお勉強The joy which can be created from nature!!

自然から生み出す楽しみ!!The joy which can be created from nature!! ⬅︎(「マギせんせ。実際そんなの大変でつす〜!!” Excuse me Ma’m !  To tell the truth.  That sounds too much !!

時間もないしね!  We don’t have time for that !   塾も宿題もあるし… I have a cram school lesson, my homework to do, etc~ etc.

お金払っちゃった方が  時間もエネルギーも節約できるよ。」と英ちゃん)We can just pay money to get all that. In that way, we can save time and labor !  That was said by Hanaechan.

さて〜昨日から新年のお勉強 … 中学生は

Cooking with the Sun  太陽熱を使った調理器でクッキング  することについて教科書にあり。

最後に霞さんにマギの日本語文を訳してもらいました。

「発展途上国の労働者の稼ぎの3分の2が、生活で使う燃料費に使うことになる。」

(ですから ダンボールとアルミホイルで作るソーラクッキング調理器が大きな助けになるそうです。)

Two thirds of developing countries worker’s income is used for fuel.

と 中学生の霞さん〜上手に訳せましたね!  明日は英さんの英文を紹介します。

すると
ディビットさんが

「発展途上国」という言葉について

その言葉を使うとき、心に抵抗がある〜と、語り始めました。↓

These so called “developing” countries don`t need to be “developed.” They just need to strengthen their traditional agrarian culture and update some of their farming methods.They can use solar power and create gas from human excrement.That will cut their fuel bills enormously.
A simple lifestyle is nearly always the cheapest and the best. They need to achieve a balance between modern comforts and a low stress lifestyle.