小林さんThe Sainte Chapelle

写真
The Sainte Chapelle by Kobayashi.2014Nov.
I’ve been studying some history along with English learning at Maggie’s class, so it was a very fun visit to France this time.
The Sainte Chapelle is a beautiful church or chapel in France, on the island in the middle of the city of Paris. King Louis IX, also known as Saint Louis built it between 1241 and 1248 AD.
He was a good king. During wartime the countries who won the war were able to take their spoil without paying any money. However King Louis paid a fortune for this sacred crown. It is from the Byzantine Emperor, Baldwin II. When the piece of the Cross and the Crown of Thorns arrived at Louis’ palace, Louis wanted to build a chapel to keep his crown in. He wanted a beautiful chapel that would be worthy of his sacred crown that had touched the skin of Jesus.
 サント・チャペル by 小林
私はマギ英会話で歴史も一緒に学んでいます。そこで、今回のフランスでの旅はとても楽しいものになりました。
 パリのシテ島にあるサント・チャペルはとても美しい教会です。1241年から1248年に聖ルイとしても知られているルイ9世により建てられました。ルイ9世はとても良い王でした。(質素で、貧しい人々を助け、周りの国と平和を保ったそうです。) 戦争では勝利した国が、当たりまえのように、戦利品を奪っていったのですが、ルイ王はボードアン皇帝に高額なお金を払いキリストの聖なる冠や十字架の一部を買い取りました。それらがルイ王の宮廷に到着したとき、それらの (キリストが直接に触れた)聖遺物を納めるにふさわしい、美しい教会を建てることにしたのです。

コメントは受け付けていません。