セゴビアの水道橋と白雪姫城のモデル

DSCN2052DSCN2133  2014年春に訪れたスペインの首都マドリードの観光の次の日、バスで北に1時間30分ほどの場所にある城壁の町アビラと〜そこら東に向かいセゴビアを訪れました。沢山写真ありますが、少しづつご紹介しましょう。
この二つの世界遺産の町はどちらも素晴らしい〜あまりにも素晴らしいアビラは後ほど写真を、一緒だった山中先生はアビラの写真集を購入されたほどです。

さてこれはアビラからバスで40分の町セゴビアにある水道橋です。2千年まえにローマ人によって創られたものがしっかりと立っていまして〜そしてなんと美しい、
もう一つのはディズニーの白雪姫のお城のモデルになったアルカサルの入口からの風景、1474年にイザベル1世の戴冠式のあった城内の写真も後ほど〜
アビラもセゴビアも歴史と芸術の詰まった素晴らしい場所、 現代では…こんな粋で何千年も残るような町や通り、建物を創れるかしら〜。 そこでは人々の美の感覚が息づいています。ああ〜それは奴隷のように働く人々もいたでしょう。ディビット氏はヨーロッパは戦争の歴史で大変だったと語ります。いろいろと思いが広がります。
Photos by Maggie A.

コメントは受け付けていません。