白雪姫城モデル〜アルカサル内部

DSCN2150DSCN2172 DSCN2165これが セゴビアの白雪城のモデルとなったアルカサルの内部にあるイザベル1世とフェルナンド2世の王座と王妃の座です。それぞれ2国からの王と女王が結婚しました。ルネサンス真っ最中、15世紀の終わり頃です。

このお城の内側からみた外です。高いところに建てられているので 周りが良く見渡せます。スペインは岩と砂漠が多いですね。

内部の天井のカモイの部分に歴代の王の像が〜 一番最初はイスラム教徒に南から押されて 北にイベリア半島の人々は移り、部族をまとめたのはペラーヨがオビエドを首都にアストリアス王国を、そしてアルフォンソ1世〜とあの美味しいカステラのもとになったカスティーリア王国へと カステラはスペイン語で要塞の意味だそうです。

ホテルでお願いする1日ツアーは英語とスペイン語です。周りに日本人はいませんが 日本人のツアーのかたを見かけました。私たちは英語の説明を良く聞くために ぴったりとスペイン人のガイド先生のおそばに、私たちは教授〜!と呼びかけていました。だってとても詳しく歴史から今の社会情勢までご存知の年配の紳士教授ですから。

私も歴史を少し学んでこの旅に出たので、進んで英語で質問をしました〜「あのジャパニーズ・ガールはどこだ? わしは疲れたからあの子に説明をお願いする〜」と言われていたのですよ!各国からの旅行者を爆笑させていました。

私たちは日本人代表として 大変に気を使い ツアーの終わりにはそのガイド教授に沢山感謝をしました。 英語のツアーで行きましょう。   写真はマギ

コメントは受け付けていません。