皆が豊かに生きる方法その2

井上涼さんがその討議をデイビットとしてます。

つまり、沢山の街角パン屋が必要

  マギの英会話教室のある 街に沢山のパン屋さんがあるのです。が、(パンの廃棄を無くす注文式になればもっと良いかしら。)

   インディラガンディー(1970年代のインドの女性首脳でした。)は、言いましたよ。「一つの大きな靴工場よりも、街角で1000人の人々が靴をそに街角の人々のために靴を作っていた方が良い。」と、デイビットが言いますと、

涼さんが上記のことを下記の様な英語を用い、別の言い方でデイビットに確認しました。↓

  Are you saying there should be a small shoemaker’s shop on every street corner?

マギが種まき去年秋から今年5月も収穫中のケール Garden kitchen

コメントは受け付けていません。