癌は重曹のアルカリ性に…

若き頃は バリバリの看護婦長をしていた母は今は 92歳、昔から風邪でも 何でも、病気には 重曹を小さじ半分ほど 水に溶かして飲んでいました。緊急治療では 患者さんの体が極度に酸性に傾いている そこで 体をアルカリよりにしないと 治療もできないと、聞いたことがあります。

皆さま ご自分でも 調べてくださいね。

このyoutube番組は 以前から レッスンに来られている方だけと 学んでいた医学の内容です。日本語はありません。レッスンに来られるドクターが、何故 重曹を処方する 医師仲間が いるのか 謎が解けた、と … 又 この内容を レイコ先生のお店に来られる医師に紹介したら、そうそう 重曹を処方する ドクターが いるし 重曹は 必ず 病院には あるのです。と、

今日体験に来られた方は 素晴らしく 明るい美しさ一杯の若き女性、でもその体の内に 大変なチャレンジを お持ちでした。(埼玉の教室に通われる事になりました。)

そこで、この番組は どなたにも広めたいと 思いましたから、ご紹介します。このお医者様は 素晴らしい !皆様も お確かめ下さい。私の母は 何故 重曹を 使っていたか わかりました。

コメントは受け付けていません。